はむはむ♪シスターズ+6

アクセスカウンタ

zoom RSS 飼い主失格

<<   作成日時 : 2005/06/20 20:06   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

今日は仕事がかなりヒマだったので、6時過ぎには帰宅しました。
「さーおくちゅりおくちゅり」
と、テーブルにはむりんを座らせる台を置き、
台の上にティッシュを広げて、いつもの準備をしました。
薬で濡れた耳を拭くためのコットンも準備して、
いつものように、はむりんをケージから連れ出し、
いつものように、投薬をして、ご褒美をあげました。

ここで、いつもと違う事が起きました。
自分は全てがいつも通りのつもりでしたが、
はむりんにとってはいつもより早く起こされての投薬だったのです。

投薬が終わってケージに戻そうとした時、
急にはむりんが暴れて、手から飛び出しそうになりました。
慌てて両手ではむりんを包み込みケージに入れようとした時、
はむりんが大きな鳴き声をあげたのです。
私はしっかり両手で包んだつもりでしたが、片足が指の隙間から出ていて、
その足がケージの入り口の金網に引っかかったのに私は気付かなかったのです。
ケージに戻されたはむりんは引っ掛けられた足をしばらく気にして、
口で舐めたりしていました。

普通に歩いていたし、しばらくすると回し車にも乗ったので、
手を出すべきではなかったのに、回す勢いが弱いように見えた私は、
はむりんに更に追い打ちをかけてしまいました。

「足をチェックしなきゃ」
先ほどのアクシデントで相当警戒していたのにも関わらず、
私は無理矢理掴もうとして、はむりんに噛まれて、
反射的に手を払ってしまったのです。
幸い、柔らかいキッチンペーパーの塊の上に落ちましたが、
はむりんは怖がって仰向けになったまま、いつまでもぢーぢー鳴きました。

投薬を始めて一ヶ月となり、油断があったのは否めないと思います。
そして未熟な飼い主だからふいのアクシデントに冷静に対応できなくて、
はむりんに余計なストレスを与えてしまいました。

怪我が心配なのですが、今はしばらく手を出さない方が良いと思って。
それより、むしろ、申し訳なくて、触れません。
私は飼い主失格です。

今はむりんはトイレの中に後ろ向きになって丸まっています。
はむりん、ごめんなさい、本当にごめんなさい。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
おねいちゃんごめんね(・_・、)
ちょっとこわくなっちゃったのでしゅ・・・

てんてんねいちゃんに似て、意外にあたちも強いでしゅ。
もうすぐ復活できるはじゅ。。。
はむりん
2005/06/20 20:44
rico様、手は大丈夫でしょうか??
それから、はむりんちゃんは大丈夫でしょうか??
幸い、やわらかいところに落ちてくれてよかったですね。
投薬ってハムちゃんにとってはいやなことですし、逃げ出したり暴れることはよくあることみたいですし、結果的に大事故にはならなかったのですからご自分をあまり責めないでくださいね。

もし骨折していてもそれで体調が急変することはないと思うし、歩き方がおかしくないなら骨折は大丈夫かもしれませんが、明日になってもおかしいようなら病院に行くのをおすすめします。
(長いので2個に分けます)
雪だるま
2005/06/20 21:59
(つづき)
私も過去にナナを落下させてしまったことがあり、あわてて病院に行きましたが結果的になんともなくて、心底ホッとしたことがあります。
そのとき獣医さんが言っていたことは、「もし硬い床に高いところから落ちた場合は、その瞬間は元気そうに見えてもその日の夜のうちにショック症状が現れるか、または、しばらくたってから脳の中に水がたまったりして死亡することもある」そうです。
ただしこれは50cmとかの高さから床などに落とした場合ですので、そうでないならおそらく大丈夫かと思います。
触らずに、歩き方だけチェックしておいた方がいいかも・・・です。

rico様は飼い主失格じゃないですよ〜。
通院もしてるし、投薬もしてるし、ハムちゃんたちの健康管理もしてるし、そしてなにより可愛がっていらっしゃるのがよくわかりますものっ!!
とりかえしがつかないことをしてしまったわけじゃないですし、今回のことを教訓にしてみんなでがんばりましょう^^。
何度もいいますが、全然、失格じゃありませんよ〜。
あまりご自分を責めないでくださいね。
雪だるま
2005/06/20 21:59
ricoさん、大丈夫ですか?
はむりんちゃんも大丈夫ですか?
はむりんちゃんの足は大事に至らないといいですね。
気になるようなら病院に連れて行ってあげてくださいね。
はむりんちゃんはきっともう怒ってないと思いますよ(^^)。

私もricoさんが飼い主失格だなんて全然思いませんよ〜。
完璧な飼い主なんていませんもの。
こうやってご自分の失敗談をブログに書いてくださったことで、雪だるまさんのおっしゃるように私たちみんなの教訓になるので、それだけでも立派な飼い主さんだと思います!
私も失敗はたくさんあります・・・お互い同じ失敗は2度繰り返さないように頑張りましょうネ。
はむりんちゃんはricoさんが「ごめんね」と謝っていることを分かってくれていると思いますよ!!
あいか
2005/06/21 06:44
その後、はむりんちゃんの様子はいかがですか?
私もみなさんと同意見です。
ricoさんは飼い主失格ではありませんよ!
結果的にはむりんちゃんを怒らせてしまった原因は投薬・足チェックのため=はむりんちゃんのためを思ってしたことにあるのですから。
この私の考えは人によっては傲慢とうつるかもしれません。
こちらが愛情のつもりでとった行動も生き物にはそう受け取ってもらえないことも多々あります。
その中を手探りで進んでいくしかないのかなと思っています。
なので、これからも今までのようにシスターズを大切にしていって
失敗を繰り返さないようにすればよいのではないでしょうか??
あかつき
2005/06/21 09:27
☆はむりん
☆雪だるまさん
☆あいかさん
☆あかつきさん

皆様ご心配をおかけして、申し訳ありませんでした。m(__)m
はむりんは見る限り、どこにも異常はなさそうです。
私に慣れから来る油断や過信があったせいで、
はむりんには本当にすまない事をしたと思ってます。
だから大事に至らなくてホントにホントに良かった。。。
今日からまた気を引き締めてお世話することが
今一番大事なことだと思うので、新たな気持ちで頑張ります。
rico
2005/06/21 13:27

コメントする help

ニックネーム
本 文
飼い主失格 はむはむ♪シスターズ+6/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる